藤田真司の気象予報士塾は、気象予報士試験合格をトコトン応援する通信型の塾(予備校)です。

当塾からのお知らせ


■ゴールデンウィーク中の業務について(2019年4月20日)
勉強に励む受講生の皆様をサポートさせていただくため、当塾ではGW期間中においても、通常時とほぼ同じ体制で業務を進める予定ですが、次の点にご留意下さいますよう、お願いいたします。

・講座ご受講のお申込について
GW期間中も通常時と同じように、講座のお申込を承ります。ただし、4月27日(土)~5月6日(月)の10日間は金融機関が休業します。お振込により受講料等をお支払いになる場合、金融機関によっては、当塾への入金が連休明けになる場合もございます。なお、連休中でも全国銀行資金決済ネットワークが休日等に提供する「モアタイムシステム」に接続する金融機関どうしであれば、原則として振込の即時入金が可能です。(当塾が用意している金融機関口座は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行であり、いずれも「モアタイムシステム」に接続しています。)
クレジットカードによる受講料等のお支払いは連休中も可能です。お振込による入金や、カードによるご決済が確認できた時点で速やかに教材の発送を行います。
また、当塾では教材発送に日本郵便株式会社のサービスを利用しておりますが、連休中は交通渋滞の影響や航空機への貨物搭載制限等により、お届けに最大1日程度の遅れが生じる恐れがございます。予めご了承下さいますよう、お願いいたします。

・個別サポート(質疑応答・答案添削)について
GW期間中も通常時と同じように、受講生の皆様への個別サポートを承ります。ただ、特にお客様からのご質問や答案添削のご依頼が集中する時期です。できるだけ早く回答を差し上げるよう努めますが、通常よりも遅れる恐れがございますので、予めご了承のほど、お願いいたします。

■【学科受講生限定】第51回試験の学科解説教材の販売を開始しました。(2019年4月14日)
2019年1月に行われた平成30年度第2回(通算第51回)試験における、学科試験(一般知識・専門知識)の解説教材を制作しました。一般知識試験の解説教材については「学科試験対策講座(一般知識コース)」を修了された方、専門知識試験の解説教材については「学科試験対策講座(専門知識コース)」を修了された方だけがお申し込みいただけるオプション教材(受講料各3,000円。送料別。)です。DVD受講・インターネット受講のいずれかをお選びいただけます。
この教材は仮お申込フォームからはお申し込みいただけませんので、ご希望の方はメールにてお申込をお願いいたします。なお、クレジットカードでのお支払いも承ります。

平成30年度第2回試験の一般知識試験の解説教材の画面(インターネット受講におけるスクリーンショットより)

■第51回試験を終えて、講師からのメッセージ(2019年3月26日)
平成30年度第2回(通算第51回)試験は、合格率が5%を下回る難関でしたが、当塾の元受講生15名の皆様が合格を勝ち獲られました。そのうちのお一人は、今回の試験での最年長(72歳)合格者です。一方、20代で合格を勝ち獲られた方々もおられ、合格者の年齢層は幅広いです。合格者総数のうち、当塾出身の方が1割以上を占めるのは、今回で3回連続となりました。なお、平成30年度における2回の試験(第50回・第51回)での総合格者数は34名となり、単年度における当塾の実績としては過去最高記録です。
合格された15名のうち、合格お祝い金制度の対象となったのは10名です。このうち、お一人の方が合格お祝い金のお受取を辞退されましたので、9名の方々に合計480,675円の合格お祝い金をお支払いいたしました。第33回試験以降にお支払いした合格お祝い金の総額は7,317,225円となり、700万円を突破しました。
ご厚意により、すでに10名を超える方々から合格体験記をお寄せ下さいましたので、合格に至るまでの詳細について、ぜひ目を通していただきたいと思います。
当然のことですが、今回に合格された皆様が当塾の門を叩かれた時点においては、それまでの試験で完全合格に至らなかった方々でした。しかし、気象予報士資格を得ることで実現したい目的があるからこそ、当塾のもとで受験勉強を進めることを決断されたわけです。15名のうちのほぼ全ての方々が、程度の差こそあれ、質疑応答・答案添削という当塾の個別指導サービスを受けられました。中には、第50回試験の合格発表後の2018年10月から第51回試験が行われる2019年1月までの3か月あまりの期間で、150通を超える個別指導サービスを受けられたお客様もおられます。「適切な手法で努力を重ねること」が合格に近づくための最短経路だという確信はさらに強まっています。
すでに当塾では、第52回試験に向けて走り出しています。惜しくも第51回試験で完全合格に及ばなかった方々にとって、気持ちを立て直すことは簡単ではないと思います。しかし、合格を勝ち獲るためには、立ち上がることが必須です。「合格に向けて伴走してほしい」というお客様のご要望にお応えする用意が当塾にはありますし、そのために今日も受験生のサポートに邁進しています。
年度末、新年度、そして改元。受験生の皆様にとって特にお忙しい時期だと思います。だからこそ、限られた時間で効率的に受験勉強を進めていくことが大切だと考えます。本気で合格を勝ち獲りたいと望む受験生の皆様を、当塾は歓迎します。

■【実技受講生限定】第51回試験の実技解説教材の販売を開始しました。(2019年3月12日)
2019年1月に行われた平成30年度第2回(通算第51回)試験における、実技試験の解説教材を制作しました。当塾の「実技試験対策講座」を受講された方だけがお申し込みいただけるオプション教材(受講料6,000円。送料別。)です。DVD受講・インターネット受講のいずれかをお選びいただけます。
この教材は仮お申込フォームからはお申し込みいただけませんので、ご希望の方はメールにてお申込をお願いいたします。なお、クレジットカードでのお支払いも承ります。

平成30年度第2回試験の実技試験2の解説教材の画面(インターネット受講におけるスクリーンショットより)

■新制作版の「実技試験対策講座」の受講受付を開始しました。(2019年1月27日)
当塾では、「実技試験対策講座」について、講義の新収録を行い、講座のリニューアルをいたしました。


従来版はホワイトボードに筆記しながらの講義でしたが、今回は大型液晶画面にテキスト教材を映し出し、必要に応じてタッチペンで手描きの図などを加えながら講義を進めました。 テキスト教材に含まれる図版などの資料を画面に写すことにより、従来よりも短時間で内容を掴みやすい説明が可能になりました。 また、お手元にテキスト教材が無くても、講義画面をご覧いただくことで、テキストの内容を、ある程度は掴んでいただけるようにもなっています。 講義・テキスト教材のサンプルについては、こちらのページでご確認いただくことが可能です。


■年末年始の業務について(2018年12月20日)
合格に向けて奮闘する受講生の皆様をサポートさせていただくため、当塾では年末年始においても、通常時とほぼ同じ体制で業務を進める予定ですが、次の点にご留意下さいますよう、お願いいたします。

・講座ご受講のお申込について
年末年始も通常時と同じように、講座のお申込を承ります。ただし、12月29日(土)~1月3日(木)の6日間は、金融機関が休業しますので、お振込により受講料等をお支払いになる場合、年末年始にご受講いただくためには、12月28日(金)付までのお振込にてお願いいたします。
なお、クレジットカードであれば、年末年始におけるご決済も可能です。ご決済が確認できた時点で、年末年始でも速やかに教材の発送を行います。
また、当塾では教材発送に日本郵便株式会社のサービスを利用しておりますが、年末年始は特に配送状況が混み合いますので、通常よりもお届けが若干遅れる恐れがございます。
予めご了承下さいますよう、お願いいたします。

・個別サポート(質疑応答・答案添削)について
年末年始も通常時と同じように、受講生の皆様への個別サポートを承ります。ただし、2019年1月27日(日)に行われる第51回試験が近づく中で、特にお客様からのご質問や答案添削のご依頼が集中する時期です。できるだけ早く回答を差し上げるよう努めますが、通常よりも遅れる恐れがございますので、予めご了承のほど、お願いいたします。

■【学科受講生限定】第50回試験の学科解説教材の販売を開始しました。(2018年11月9日)
2018年8月に行われた平成30年度第1回(通算第50回)試験における、学科試験(一般知識・専門知識)の解説教材を制作しました。一般知識試験の解説教材については「学科試験対策講座(一般知識コース)」を修了された方、専門知識試験の解説教材については「学科試験対策講座(専門知識コース)」を修了された方だけがお申し込みいただけるオプション教材(受講料各3,000円。送料別。)です。DVD受講・インターネット受講のいずれかをお選びいただけます。
この教材は仮お申込フォームからはお申し込みいただけませんので、ご希望の方はメールにてお申込をお願いいたします。なお、クレジットカードでのお支払いも承ります。

平成30年度第1回試験の一般知識試験の解説教材の画面(インターネット受講におけるスクリーンショットより)

■【実技受講生限定】第50回試験の実技解説教材の販売を開始しました。(2018年10月26日)
2018年8月に行われた平成30年度第1回(通算第50回)試験における、実技試験の解説教材を制作しました。当塾の「実技試験対策講座」を受講された方だけがお申し込みいただけるオプション教材(受講料6,000円。送料別。)です。DVD受講・インターネット受講のいずれかをお選びいただけます。
この教材は仮お申込フォームからはお申し込みいただけませんので、ご希望の方はメールにてお申込をお願いいたします。なお、クレジットカードでのお支払いも承ります。

平成30年度第1回試験の実技試験1の解説教材の画面(インターネット受講におけるスクリーンショットより)

■第50回試験を終えて、講師からのメッセージ(2018年10月22日)
平成30年度第1回(通算第50回)試験においては、当塾の元受講生19名の皆様が合格を勝ち獲られました。前回(第49回試験)の合格者数(17名様)を上回り、過去最高記録を更新しました。このうち、女性の合格者は8名様で、女性合格者全体の3分の1が当塾出身となります。合格お祝い金制度の対象となった11名様に、合計448,350円の合格お祝い金をお支払いいたしました。
実技試験が2つの試験で構成されていることから推定しますと、「合格者の最低点」と「不合格者の最高点」の差は0.5点(100点満点)であろうと考えられます。合格と不合格という現実は、あまりにも大きな違いですが、実際には合格まで紙一重の距離まで迫っていた方々もおられることでしょう。
次の試験の合格者のほぼ全ては、今回の不合格者の中から生まれるはずです。第51回試験まで約3か月となりましたが、これからの頑張りが2019年3月の明暗を決定づけることになります。それは学科試験においても同じです。前回の試験結果から学び、前に向かって走り出すことにのみよって、合格に迫ることができます。
当塾には、真剣に気象予報士試験の合格を目指す方に対して、全力でサポートする用意があります。当塾の教材や個別指導サービスを活用されることで、昨日よりも今日、今日よりも明日という形で、着実に受験勉強への手応えを感じていただけるよう、今後も業務を続けて参ります。

■「学科試験対策講座(専門知識コース)」をリニューアルしました。(2018年8月26日)
当塾では、「学科試験対策講座(専門知識コース)」について、講義の新収録を行い、講座のリニューアルをいたしました。


従来は、ホワイトボードを背景に、必要に応じて筆記しながらの講義でしたが、今回は、大型液晶画面にテキスト教材を映し出して、講義を行っております。 テキスト教材に含まれる図版などの資料を画面に写すことにより、従来よりも短時間で内容を掴みやすい説明が可能になりました。 また、手元にテキスト教材がなくても、講義画面をご覧いただくことで、テキストの内容を、ある程度は掴んでいただけるようにもなっています。 テキスト教材については、2016年に制作したものをベースとしつつ、最新の情報をできるだけ反映させたうえで、改訂を行いました。従来よりも少しページ数が増えております。 講義・テキスト教材のサンプルについては、こちらのページでご確認いただくことが可能です。
なお、試験会場で配布しているチラシにおいて、専門知識コースの総授業時間を「約50時間」としておりますが、正しくは「約44時間」ですので、訂正いたします。

■お盆期間における業務について(2018年8月10日)
当塾ではお盆期間においても、通常時とほぼ同じ体制で業務を進める予定です。講座やオプション教材のお申込、お客様への個別指導についても通常時と同じように承っております。ただし、第50回試験が近づく中で、お客様からのご質問や答案添削のご依頼が普段よりも多くなっています。できるだけ早く回答を差し上げられるよう努めますが、通常よりも遅れる恐れがございますので、予めご了承下さいますよう、お願いいたします。

■「実技試験対策講座」にボーナストラックを追加しました。(2018年7月7日)
「実技試験対策講座」では、前半で基礎事項の講義を行い、後半では13題の過去問題解説を行っております。 13題のうち9題は、成山堂書店の『気象予報士試験精選問題集 平成29年度版』(2017年発行)に掲載された問題と同じですが、先月(2018年6月)に『気象予報士試験精選問題集 2018年度版』が新たに発売されました。 この書籍では、9題の解説のうち1題だけが平成29年度版と入れ替わっております。具体的には、平成29年度版に収録されていた平成19年度第2回試験・実技2の問題の代わりに、平成29年度第1回試験・実技1の問題が収録されています。 そこで、平成29年度版の問題集だけでなく、2018年度版の問題集もお使いいただけるように、従来の「実技試験対策講座」の教材に、平成29年度第1回試験・実技1の解説教材を、ボーナストラックという形で追加いたしました。 本日以降にお申込のお客様には、DVD受講・インターネット受講ともに、ボーナストラックを含めて販売いたします。これに伴い、解説問題数は14題となりますが、受講料については従来のまま据え置き(60,000円)とさせていただきます。

■本日の強い地震について(2018年6月18日)
今朝に発生した大阪府北部を震源とする強い地震によって、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
当塾が位置する奈良県大和郡山市でも震度5弱を観測しました。受講生や元受講生の皆様からも多数のご連絡をいただき、大変ご心配をおかけしておりますが、当塾では通常どおりの業務を続けております。今後も、余震の発生に留意したうえで、業務を行ってまいります。

■事務所住所の変更のお知らせ(2018年5月20日)
当塾の事務所住所について、下記のように変更いたしました。
〒639-1013 奈良県大和郡山市朝日町4-14-414
電話番号等、その他の情報については変更ありません。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

■GW中の業務について(2018年4月28日)
当塾ではGW中も、通常時とほぼ同じ体制で業務を進める予定です。ご質問や答案添削のご依頼も承り、連休を利用して受験勉強に励まれる受講生の皆様を全力でサポートさせていただきます。
講座のお申込についても承っております。ただし、お振込により受講料等をお支払いになる場合、土日祝日には入金が確認できないことがございますので、ご了承下さい。クレジットカードであれば、随時ご決済が可能です。当塾にてお支払が確認できた時点で、教材発送の準備を開始します。

■受講生限定のオプション講座「第49回試験の学科試験解説教材」のご受講受付を開始しました。(2018年4月26日)
当塾では、2018年1月に行われた第49回試験の学科解説教材を制作しました。一般知識試験の解説と専門知識試験の解説です。 なお、当教材にはご受講条件がございますので、あらかじめご確認のうえ、ご受講を希望される方は当塾までお申込をお願いいたします。


【教材内容】
平成29年度第2回試験の学科試験の解説(一般・専門)

【ご受講条件】
一般の解説教材:「学科試験対策講座(一般知識コース)」を修了された方
専門の解説教材:「学科試験対策講座(専門知識コース)」を修了された方
(お試しセットのみの方はご受講いただけません。ご了承下さい。)

【ご受講形態(いずれかをお選び下さい)】
1.インターネット受講(視聴期限3年間)
2.DVD受講

【ご受講にあたり、お客様にてご用意が必要なもの】
平成29年度第2回試験の学科試験の問題と解答例
問題・解答例は気象業務支援センターのホームページからダウンロードできます。(当塾によるダウンロード代行は承っておりませんので、ご了承願います。)

【受講料】
一般の解説教材:3,000円
専門の解説教材:3,000円
印刷版のテキスト教材を希望されない場合は、受講料を5%割引(ペーパーレス割引)させていただきます。

【送料】
360円(日本郵便「レターパックライト」)

【受講料等のお支払い方法】
1.金融機関からのお振込
2.クレジットカード

【お申込方法】
希望される教材・ご受講形態・お支払い方法をお選びのうえ、当塾までメール等にてお申込下さい。(ホームページのお申込フォームからはお申し込みいただけません。)


■当塾は開塾13周年を迎えました。(2018年4月10日)
2005年(平成17年)の4月10日に大阪で最初の授業を行ってから、13年が過ぎました。開塾当初は27歳だった藤田真司も今年で40歳になりました。
おかげさまで、第49回試験では開塾以来最多となる17名の元受講生の皆様が合格を勝ち獲られました。これは第49回試験の全合格者の1割超です。
気象予報士試験の合格は決して簡単ではありませんが、1つ1つの課題を解決することで、着実に合格に近づけるのだと確信しております。合格に向けた最短経路を進んでいただくため、教材と個別指導で支援するのが当塾の役割です。
「気象予報士資格を取得して、業界で仕事をしたい」といった目標をお持ちの方にとって、「受験勉強が難しいから」という理由で断念することは、とても勿体ないことです。
20年ほど前、自動車の運転免許を取得する際に、「交通法規の学習がややこしい」「縦列駐車が難しい」と私は感じたものです。でも、教習所の先生がきちんと教えてくれましたから、(試験で一度落ちたものの)無事に免許をいただけました。教習所に通わずに、免許を取得する道もありますが、その方法で上手くいったと思える自信が私にはありません。
気象予報士資格もこれと似ています。就職や転職のため、今の仕事を充実させるため、社会活動や趣味のため、資格取得の動機はさまざまです。ただ、いずれの場合でも、試験合格は受験時代の目標ではあるものの、終着点ではありません。資格を取得することで叶えたいことからあるからこそ、受験勉強に励んでおられるはずです。であれば、受験期間はできるだけ短いほうが良いに決まっています。本来なら5年を要するところを、もし2年で合格できれば、3年という期間を有効に活用できるのです。
気象予報士試験の合格を真剣に目指す受講生の皆様を、開塾14年目を迎えた今日も全力でサポートしています。

■懇親会と書籍抽選会を行います。(2018年3月28日)
当塾の受講生やすでに合格された気象予報士の皆様の間での親睦・情報交換のため、第49回試験での合格祝勝も兼ねて、大阪市内にて懇親会を行います。
先日の第49回試験で合格された元受講生の方々が、受験生時代にお使いになっていた大量の書籍(過去問題集等)を寄贈して下さいました。 書籍は段ボール箱2つ分に達しています。懇親会に参加された受講生の皆様で当日に抽選会を行い、無料でお持ち帰りいただきたいと思います。 (お持ち帰りいただける書籍の冊数がなるべく均等になるよう、くじを作成します。)
【日時】2018年4月29日(日・祝)
【場所】大阪市内
【参加資格】当塾の受講生・元受講生の皆様(抽選会へのご参加は受験生の方のみ)
【会費】4,000円(飲み放題(アルコール・ソフトドリンク)付きの9品コース料理)
当塾に入塾された時点で、具体的な会場等に関する案内を個別に差し上げますので、ご参加を希望される方は、ご連絡をお願いいたします。

■第49回試験における合格お祝い金の支払い状況について(2018年3月24日)
2018年1月に行われた平成29年度第2回(通算第49回)試験では、合計17名の元受講生の皆様が合格を勝ち獲られました。そのうち7名様に対して、総額285,000円の合格お祝い金をお支払いしました。
第33回試験以降にお支払いした合格お祝い金の総額は、638万8,200円(118名様)となりました。
合格お祝い金制度を、短期合格のための1つの動機付けとしてご活用いただきたいと思っています。お一人でも多くの方に合格お祝い金を勝ち獲っていただけるよう、当塾は全力で受験サポートを続けています。
→合格お祝い金制度についての説明は、こちらのページをご参照下さい。

■第49回試験の合格発表に伴う講師からのメッセージ(2018年3月13日・19日)
平成29年度第2回(通算第49回)試験では、当塾の元受講生17名様が合格を勝ち獲られました。これは、2005年(平成17年)の開塾以来、最高の記録です。また、平成29年度(2017年度)に行われた2回の試験での合格者総数は29名様となり、単年度における合格者数としても過去最高となりました。また、合格者全体に占める当塾出身のお客様が占める割合は10%を超え、これは第41回試験・第47回試験に次いで3回目です。
当塾は決して大規模な塾ではありません。昨年(2017年)に「実技試験対策講座」を受講されたお客様は54名様です。20人に1人くらいしか合格できない難関試験ですが、「何としてでも合格を勝ち獲る!」という熱意あふれるお客様が、当塾の教材・個別指導サービスを活用されることで、大きな成果につながったのだと確信しております。
今回に合格を勝ち獲られた皆様の道のりはさまざまです。わずか2回の受験で突破された方々がおられる一方で、20回以上もの受験を重ねられた末に掴み取られた方もおられます。合格に至るまでの経緯は異なりますが、共通するのは、当塾の門を叩き、合格を勝ち獲られるまで諦めずに受験勉強を続けられたことです。ほとんどの方が当塾の個別指導サービス(質疑応答・答案添削)を活用され、中には200通近いメールをやり取りして実力を高めていかれた方もおられます。
惜しくも今回の試験で合格に及ばなかった受験生も大勢おられます。しかし、次の試験で合格を手にされる方のほとんどは、今回の試験で失敗された方の中から生まれます。(同様に、今回の試験で合格された方のほとんどは前回の試験に落ちています。)誰しも不合格の通知を受け取れば気分が凹むものですが、次の試験での合格の可能性を高めるためには、早い段階で受験勉強を再開されることが大切です。
記念すべき50回目の気象予報士試験に向けて躍進するために、藤田真司と一緒に頑張ってみませんか。「一生懸命に受験勉強を頑張って良かった」と感じていただけるよう、私は今日もお客様のサポートに奮闘しています。

■第49回試験における実技解説教材の販売を開始しました。(2018年3月3日)
2018年1月に行われた平成29年度第2回(通算第49回)試験における、実技試験の解説教材を制作しました。当塾の「実技試験対策講座」を受講された方だけがお申し込みいただけるオプション教材(受講料6,000円。送料別。)です。DVD受講・インターネット受講のいずれかをお選びいただけます。以前に制作した実技解説教材も17題分あります。
この教材は仮お申込フォームからはお申し込みいただけませんので、教材をご希望の方はメールにてお申込をお願いいたします。なお、クレジットカードでのお支払いも承ります。

■第49回試験の解答速報(学科)の発表について(2018年1月7日)
当塾では、1月28日(日)に実施される平成29年度第2回(通算第49回)気象予報士試験において、学科試験(一般・専門)の解答速報の制作を予定しております。
解答速報が完成次第、当塾のTwitter(ツイッター)にてお知らせします。
なお、解答速報のご利用に関しては、次の点をご確認いただけますよう、お願いいたします。
・正確な解答例をできるだけ短時間で発表するよう努めますが、あくまでも速報であることをご了承下さい。最終的な自己採点は一般財団法人気象業務支援センター発表の解答例にて、ご確認をお願いいたします。
・恐れ入りますが、当塾の現・元受講生の皆様以外の方からの、解答速報の内容についてのお問い合わせには、一切応じられませんので、予めご了承のほど、お願いいたします。
・実技試験の解答速報については、当塾の受講生限定の発表となります。

■サンプル講義映像の画面から、サンプルテキスト教材をダウンロードできます。(2018年1月4日)
2017年12月25日より、インターネット受講においては、パソコンをご利用の際に映像講義画面からPDF版テキスト教材をダウンロードできるようになりました。
これに伴い、サンプル教材の画面においても、PDF版テキスト教材をダウンロードできるように設定を行いました。映像講義(音声講義ではありません)の画面の右上に、ダウンロードを示すボタンが表示され、これをクリックしていただくと、zip形式で圧縮されたファイルがダウンロードできます。zipファイルを解凍していただくと、PDFファイルが出てきます。なお、このPDFファイルは従来より当塾ホームページで公開しているテキスト教材と同じものです。


↑ PAGE TOP