藤田真司の気象予報士塾は、気象予報士試験合格をトコトン応援する通信型の塾(予備校)です。

気象予報士試験の勉強につまずく5つの原因と解決策

就職や転職のため。今の仕事の幅をさらに広げるため。趣味のため。気象予報士資格を目指す方々の動機はさまざまですが、最近における試験の合格率は5%を下回ることが多く、かなりの狭き門です。それゆえに、合格に至らずに途中で勉強から遠ざかってしまう方もおられます。受験勉強が上手くいかなくなる理由は何でしょうか。2005年から気象予報士試験の対策講座を開いている藤田真司が分析した結果と、それに対する当塾からの提案をご紹介します。

動画でご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。


1.勉強時間を確保できているか?

受験勉強で「効率性」を考えることは大切です。ただし、いかに効率性を高めても、必要とされる勉強量そのものは変わりません。
簡単な数字で例え話をしますと、合計で1000の勉強量が必要であるとき、1時間で1の勉強ができれば、全部の学習を終えるのに1000時間を要します。ここで、もし1時間での勉強量が2になれば、全部の学習を終えるのに500時間で済むことになります。
ただし、必要とされる勉強量は1000のままです。いろいろな工夫をすることで、学習効率を1.5倍や2倍にすることはできても、10倍にすることは非現実的です。よって、勉強時間を極端に減らすことはできないのであり、何だかんだ言っても、一定以上の勉強時間は必須です。
日々忙しい受験生にとって、試験勉強のためのまとまった時間を確保することは簡単ではなく、多くの受験生の悩むところとなっています。

→藤田真司の気象予報士塾からの提案
この試験勉強に取り組む方々の多くは、「専業」ではなく「兼業」という形で、気象予報士を目指しておられます。仕事・家事・学業・育児・介護などに日々取り組まれている中で、さらに資格試験の勉強を行っておられるという高い向学心をお持ちの方が多いです。
しかし、忙しい中でも、ちょっとした細切れの空き時間であれば、1日の中に幾つか見つけられるのではないでしょうか。例えば、通勤や通学で朝晩を満員電車の中で過ごす時間があるとします。片道45分であれば、往復1時間半です。つり革を握って車内で立っている状態では、新聞や本を広げることさえ難しいですね。そこで、ポケットからスマートフォンを取り出して、ニュースをチェックしたり、Webページを閲覧したり、SNSの返信をしたり、ゲームをしたり、動画を見たり、音楽を聞いたりされる方が多いと思います。
もし、この時間を受験勉強を変えられるのであれば、満員電車は自分だけの教室(学び舎)になります。当塾のインターネット受講では、スマートフォンで授業を受けることが可能です。混雑した車内でも、スマートフォンからイヤホンを通して講義を受ければ、耳から情報を入手できます。無線(Bluetooth)接続のイヤホンを使えば、コードの煩わしさを感じることもありません。今まで活用できていなかった時間を、学習のために投入することで、忙しい中でも少しずつ受験勉強を進めていけることでしょう。
当塾でご用意している講座一覧へ

■第44回試験で合格されたI.K.さん(34歳・男性・会社員・東京都)の合格体験記より
仕事を続けながら勉強する人にとっては勉強時間をどう捻出するかがポイントになります。私の場合、日勤と夜勤が交互にあるシフト勤務で休日はわりと多く、週5で通うよりは勉強時間を確保しやすかったかもしれません。休日はまとめて数時間勉強し、仕事の日も電車や合間の時間に講義の音声を吸い出したものをスマホでなるべく聞くようにしていました(夜勤明けの帰りは無理でしたが)。


■第43回試験で合格されたDさん(39歳・男性・中学校教諭・福岡県)の合格体験記より
藤田塾の対策講座については、DVDとテキストを使った勉強法だけでなく、通勤中に音声でいつも聞いていました。20回の講座に講座以外の別注文したDVDを通勤中だけで、5回位一通り繰り返し聴くことができました。藤田先生の次のセリフが分かる位、聞いていました。



2.「独学」にこだわり過ぎていないか?

一般に、書物だけで勉強することを「独学」と呼びます。本を読んで内容を理解することも大切な勉強ですが、双方向のやり取りはできません。このため、書物に書かれた内容について、自分が正しく理解できているかどうかを検証する方法が限られているのは、1つの制約であると言えます。
難易度の高い気象予報士試験を、できるだけ短期間で合格するためには、読解を通した学習に加え、音声や映像による学習も有効です。さらには、講師とのやり取り(質疑応答)を行うことで、理解の正確性を確認しながら学びを進めていくほうが効率的です。実技試験の勉強についても、自分が書いた答案内容が適切であるかどうかを、添削を受けることによって確認していったほうが、学習に無駄が無いのです。
「独学」という学習スタイルに対しては、講師から何かを習って学習するスタイルに比べて一段高い価値を置く見方があります。おそらく、「独学」のほうが学習条件が厳しいために、そういった価値観が生じるのだと思います。
ただ、気象予報士試験合格はゴールではなく、あくまでも経過点に過ぎないと考えるのであれば、「独学」に対するこだわりは捨てるべきです。大事なのは学習の経路ではなく、いかにして短期で資格を取得できるか、にあるからです。
私自身も「独学」で気象予報士試験に合格していますが、この言葉自体があまり好きではありません。書物という媒体を通して、間接的に小倉義光先生らから教えを受けて受験勉強を進めたのであり、けっして「独りで学んだ」とは感じていないからです。

→藤田真司の気象予報士塾からの提案
当塾は通信型の塾(予備校・スクール)という形で運営しております。通信教育の長所は、受験生の生活スタイルに合わせて学習できるという点にあります。平日であれ週末であれ、早朝であれ深夜であれ、時間を確保できたときに学習できるのは、通信型受講だからこそです。
今までの勉強スタイルと言えば、小学校や中学校などに代表されるように、「決まった日時に、決まった場所に通って、決まった時間だけ行うもの」でした。でも、本業を持つ受験生の立場からすれば、「空いた時間に、場所を選ばず、好きな分量だけ」行えたほうが良いですよね。
当塾の通信型受講は、DVD受講とインターネット受講の2つをご用意しています。主にご自宅のパソコンやテレビの前で勉強されたい方は、DVD受講が向いています。移動が多く、ちょっとしたスキマ時間を有効に活用して勉強されたい方は、インターネット受講が向いています。
受験生によって、取り巻く環境はさまざまです。1日に30分しか勉強できない方は、毎日30分ずつ講義映像をご覧になれば良いのです。一方、受験勉強に思いっきりエネルギーを投入できる方は、毎日5時間でも6時間でも講義を受講することも可能です。また、必要な箇所を何度でも繰り返して受講できるのも、通信型受講の大きな利点です。
当塾でご用意している講座一覧へ

■第47回試験で合格されたQさん(女性・28歳・放送局契約キャスター)の合格体験記より
独学ではなく、なにか人の力を借りようと、通学講座を探し始めました。しかし東京まで出て受けるしかなく、仙台在住の身としてはキツい・・・そこで、通信講座を探し始めたのですが、当初は自分のペースだと続ける自信がありませんでした。どうしようか迷いながら、とりあえず色々な会社のサンプルを取り寄せました。 そして藤田塾のサンプルDVDを見て、ここにしよう!と5分で決めました。


■第46回試験で合格されたY・Oさん(59歳・男性・無職・東京都)の合格体験記より
第45回試験の結果から、独学では無理があると考え、通信教育を色々と検討しました。その中で、藤田先生の講座紹介ビデオをWebで見て、非常に説得力があり、また先生の語り口が明瞭で自信に溢れているのが強く印象に残り、さらに合格者数も多いため、藤田塾に決定しました。



3.生じた疑問点を解決できているか?

受験勉強を効率的に進めるための秘訣は、疑問点を着実に解決していくことです。「解らない部分」がスッキリと解消されるからこそ、次の段階に進めます。「学習の過程で生じた疑問が解決する」と「次のステップの学習に進むための意欲が生まれる」の繰り返しにより、らせん階段を昇っていくように、実力は高まっていくのです。
もし、疑問が解決しなければ、同じ箇所で学習がストップしてしまいますし、理解が曖昧なままで強引に学習を進めると、さらに誤解を重ねてしまうこともあります。いずれにせよ、学習に対するモチベーションの低下につながってしまい、受験勉強から遠ざかる原因となります。「疑問が解決しない」と「学習意欲が湧かない」の悪循環に陥ってしまいやすいのです。

→藤田真司の気象予報士塾からの提案
当塾では受講された講座内容に関するご質問を、当塾が廃業しない限り、お客様が完全合格を勝ち獲られるまで承っております。テキスト教材や映像講義(DVD受講またはインターネット受講)における疑問点や、過去問題演習の過程で生じた疑問点を、講師である藤田真司にぶつけることによって、積極的に解決していただく環境を整えております。受験生ご本人にとってみれば、大きな岩のように見える疑問であっても、講師による一言の回答で氷解するケースもあります。
資格試験の勉強において、生じた疑問を延々と考え続けるのは、時間の浪費になることが多いです。疑問点をサッサと片付けることで、どんどん学習を前に進めていってほしいと思います。
当塾でご用意している講座一覧へ

■第45回試験で合格されたJさん(38歳・男性・東京都・会社員)の合格体験記より
藤田先生の講座は質の高さ、質問無制限、さらに唯一の合格お祝い金制度から、総合的に抜きん出たサービスの質とシステムだと思います。間違いなく最善解です。今私が1から始めるとしたら全科目で講座を受けると思います。最も大切なのは数万円のお金などではなく時間です。一度試験に落ちたらまた半年後の試験に向けて勉強することになります。この時間と労力は数万円どころではありません。


■第47回試験で合格されたPさん(男性・32歳・会社員・大阪府)の合格体験記より
私は最初、独学で完全合格を目指そうと勉強していました。しかし、勉強を進めれば進めるほどに、難問に出会い、解説を読んでもよくわからないなと思うことが多く出てくるようになりました。当然、周囲に質問ができる人がいないので、「本当に勘違いがなく理解ができているのだろうか?(間違った理解をしているけど、たまたま合っているだけ?)」と疑問に思うようになりました。
第46回試験で学科試験をクリアし、後は実技だけ!となってから、もっとその疑念が増してきました。「どうしたら問題集に書いている答えになるのだろうか?」「解説を読んでもよくわからない…」「こんな量、75分でどうやってやるんや?合格者は化け物ちゃうか。。。」
私は、免除制度を利用して短期間に合格するには、気象についての質問ができる人が周りに必要だと思うようになりました。 そして大阪の試験会場でもらったチラシを思い出し、 藤田塾に入ることにしました。



4.勉強のペースに大きな波はないか?

試験直前になってから、急に慌てて受験勉強に取り組んでも、時間切れです。気象予報士試験の範囲は広く、それぞれの分野から満遍なく問題は出されます。つまり、「ヤマを張る」という勉強は通用しないのであり、ある程度の時間をかけて受験準備に取り組まれる必要があります。試験直前にオーバーワークになってしまうような勉強では、試験後に強い反動が生じて、勉強から遠ざかってしまいます。結果として、3か月とか半年といった中・長期的に見た場合に、勉強量を充分に確保できなくなります。これでは、合格から遠ざかってしまうのは当然のことです。

→藤田真司の気象予報士塾からの提案
勉強開始から試験合格までの期間は、どんなに短くても1年は要します。(一部の例外的なスピード合格事例を目にしていますが、極めてレアなケースです。)2年以内の合格であれば、「短期合格」の範疇に入るというのが、私の認識です。ということは、順調に合格を勝ち獲る場合であっても、それだけの受験勉強が必要だということです。
合格を勝ち獲られた方というのは、受験勉強をきちんと続けられた方です。仮に、「1日に10時間勉強する日」があったとしても、それが短期的な奮闘で終わってしまえば、トータルの学習量は増えないので実力は高まりません。「1日に1時間勉強する日」をどれだけ重ねていけるかが重要なのです。当塾のDVD受講では、DVD教材とテキスト教材を毎週お送りすることで、学習習慣の定着を図ります。インターネット受講の場合であれば、ソファーに寝転びながら15分でもいいから講義を毎日受けることで、少しずつ受験勉強を日々の生活の中に組み込んでいかれることをお勧めします。また、講師と質疑応答を交わすことも、学習習慣を身に付けるためのきっかけになると思います。
当塾でご用意している講座一覧へ

■第46回試験で合格されたCさんの合格体験記より
兎にも角にも勉強を習慣づけることが重要だと感じました。勉強をやり始めた頃は基本的に週末だけ勉強するという方針で進めておりましたが、土日に気分が乗らなかったり、予定が入っていたりすると、かなり勉強間隔が空いてしまい非常に効率が悪く、覚えたことが全て抜けてしまいました。そこで、1日30分でも良いからとにかく毎日勉強することを習慣付けるようにしました。最初は苦痛だったのですが、それでも毎日続け、歯を磨くように自然にできるようになると苦にならなくなります。何より、理解が進むと勉強が楽しいとまでは言えませんが、燃えてきて次の問題もやってみようという気になりました。
また、隙間時間(朝の出勤前や、昼休み等)をとにかく有効活用したことも良かったと思います。


■第42回試験で合格されたDさん(30代・男性・会社員)の合格体験記より
私も不規則な勤務が多く、なかなか苦労しました。1日休むだけならまだいいのですが、2、3日と勉強しない日が続くと、だんだん間隔が開いてしまい、せっかく定着しかけた記憶も勉強し直すということがありました。勉強を習慣化するため、やる気が出ない時には講座のDVDを見るということをしていました。2時間の講座でも、2倍速で見れば1時間で終わるので、「これぐらいだったら頑張れる」という気になれました。



5.他の受験生との接点があるか?

長い受験生活の中で、勉強に対するモチベーションが低下することもあります。そんなとき、受験の悩みを共有できれば、受験生活における不安や心配を軽減できることでしょう。もちろん、勉強は一人で行うものであり、仲間の有無に関係なく、その本質は地味で孤独なトレーニングの連続です。だからこそ、短い時間であっても、同じ志を持つ仲間と意見を交換することで、合格へ向かう気持ちを高めていきたいものです。しかしながら、最近の気象予報士試験の受験者数は3000人程度であり、全国で見れば決して多い数ではありません。人口比で言えば、3万人に1人以下です。
もちろん、試験会場では受験生が一堂に会するわけですが、試験という緊張した場で、気軽に声をかけるのは難しいのが現実です。

→藤田真司の気象予報士塾からの提案
当塾では年に4回の懇親会を開いています。2時間~3時間という限られた時間ですが、「気象予報士試験合格」という共通した目標を持つ方々が1つの時間と空間を共有し、この試験の受験生どうしだからこそ分かり合える話題に花を咲かせています。
懇親会はいつも大阪で行っていますが、飛行機や新幹線を利用して遠方からお越しになる方も多いです。また、当塾を経て、すでに気象予報士となられた方々もよく参加されます。実際に難関試験を突破された方の体験談を直接に耳にすることで、合格へのイメージが高まるという方もおられます。懇親会をきっかけに、SNSなどを通して連絡を取り合う方々もおられます。
「みんなで一緒に合格を勝ち獲ろう!」「いや、俺が最初に合格してやるぜ!」と言い合える仲間がいれば、長い受験生活において、気持ちを支えてくれる原動力になると私は実感しています。
当塾でご用意している講座一覧へ

■第47回試験で合格されたLさん(男性・40代・技術系会社員)の合格体験記より
大きかったのは同じ塾生の方々のアドバイスです。試験会場での留意点、勉強法や挫折しそうになったときの心の持ち方などさまざまな指導を受けました。そして、試験後の懇親会には必ず参加するようにしていました。試験会場で挨拶ができる知り合いも増えますし、参考書やネットなどで入手できない有益な情報も手に入れることができます。なによりも藤田先生から直接、いろいろなこともお聞きすることができます。


■第43回試験で合格されCさん(39歳・男性・会社員・京都府)の合格体験記より
3浪のさなか、何度か「このまま試験勉強を続けられないのでは」と弱気になったことがありました。ちょうど会社で部署異動があり、多忙を極めていた時です。部署の異動で新しいことをいろいろ勉強しなければならず、気象予報士の勉強に手が回らなくなったのです。この時、何度か参加した藤田塾の懇親会を思い出しました。様々な職種で気象予報士を目指している方々と知り合いになり、「次は気象予報士として会いたいですね」と言って別れた光景を思い出し、絶対に最後までやり遂げると気持ちを奮い立たせました。

↑ PAGE TOP